薬学生

【スケジュールも解説!】薬剤師国家試験の勉強はいつから始めるべき?

薬学生

薬剤師国家試験はどのくらい勉強時間を確保すればいいんだろう?

5年生の実務実習が終わると誰しもこんなことを考えるかもしれません。

薬剤師国家試験はその膨大の出題範囲から、どうしても勉強に時間がかかってしまうのは事実です。

ですから薬剤師国家試験の勉強をいつから始めるかと言われると、結論を言えば【今すぐに始めるべき‼】と答えます。

ではなぜすぐにでも始めるべきなのか、今回はすぐにでも始めるべき理由薬剤師の先輩たちがいつ頃から勉強を始めているかを紹介します。

ヒロザル

これから勉強を始める方は必ず役に立つ内容になっていると思います♪

本記事がオススメな方
  • 薬剤師国家試験のおおまかな勉強時間が知りたい方
  • これから薬剤師国家試験の勉強を開始する方
  • 成績があまり良くないのでみんながどのくらい勉強しているか知りたい方

薬剤師国家試験はいつから勉強を始めるべきか?→結論:今すぐに始めよう‼

冒頭でも説明しましたが、薬剤師国家試験の勉強は今すぐにでも始める方がいいでしょう

その理由は、4つあります!

薬剤師国家試験の勉強をすぐに始めるべき理由‼

  1. 薬剤師国家試験の勉強量が多いことを知って欲しい
  2. 人それぞれで勉強の得意・不得意は違うから
  3. 薬剤師国家試験の模試を無駄にしないため
  4. 6年生のスケジュールは意外に忙しいから

ヒロザル

詳しく解説していきますね。

薬剤師国家試験の勉強量が多いことを知って欲しい

薬剤師国家試験の出題範囲の膨大さは実際に青本などをやってみることではじめて分かります。

青本などを購入した時点では、分厚い本でやる気もせずにすぐに始める人はいないでしょう。

そして国家試験の勉強を始める時に青本などを勉強してみてはじめて、その膨大な量に気付く人がほとんどだと思います。

ヒロザル

正直僕は青本で勉強をはじめてすぐに「ああっ、これやべぇ~」と感じました(笑)

不安感は勉強のやる気にも繋がります
国家試験の出題範囲のやばさは早めに知ることで勉強のやる気にもなるため、出来るだけ早く参考書で勉強する方がその後もスムーズになると思いますよ。

人それぞれ勉強の得意・不得意は違うから

薬学生

私まだ国家試験の勉強始めてないよ~♪

よく友達のこんな会話で安心している方がいますが、正直友達の勉強開始時期なんか全く関係あります。

それは、人それぞれ勉強の得意・不得意は違うからです!

 

国家試験の勉強は物理/化学/生物~など様々な科目を勉強します。

あなたが1ヶ月かかってしまう物理の勉強を友達は2週間で終わらせてしまうかもしれません。

また一緒に勉強を始めた友達と模試の結果で差がつく可能性もあります。

人それぞれ得意・不得意は必ずあるので、そんな状況にならないようにすぐにでも勉強を始めるようにしましょう。

ヒロザル

だいたい勉強を開始していない友達は成績が良いか、本当に成績がヤバイ人のどちらかなので参考にはしない方がいいですよ(体験談)

薬剤師国家試験の模試を無駄にしないため

すぐに勉強を始めることで得ることができるメリットの1つに模試で復習できる点があります。

6年生になると国家試験対策の模試が1年に3~4回は必ずあります。

勉強を早く始めることで、模試が自分の勉強した範囲の確認や復習になります。

逆に勉強をしていないと模試はほぼ勘で答えるだけのお金の無駄になってしまう可能性があります。

ヒロザル

模試は国家試験の本番のスケジュールで行われるので、せっかくの機会を無駄にしないためにも少しでも単元を終わらせておくことをオススメします♪

6年生で受ける可能性の模試

  • 全国統一模擬試験Ⅰ(9月)
  • 全国統一模擬試験Ⅱ(11月)
  • 全国統一模擬試験Ⅲ(1月)

※薬学ゼミナールのスケジュール参照

6年生のスケジュールは意外に忙しい

「6年生になったら勉強時間はたくさんあるだろうから大丈夫」と考えている人もいるかもしれません。

ですが実際に6年生になると就活・卒論・国試対策の授業などスケジュールはパンパンに詰まっていることも珍しくありません。

特に研究室によっては実験や学会などもギリギリまでやるところもあるので時間がない人もいます。

ヒロザル

必ず自分の研究室のスケジュールなどは確認しておくことをオススメしますよ。

あくまで僕の場合ですが国試対策の授業は朝から夕方までがほとんどだったので、実際に勉強をできたのは夕方から夜の時間がほとんどでした

後々後悔しないようにすぐにでも勉強を始めた方がいいですね♪

薬剤師の先輩はいつから勉強を始めているのか?

ヒロザル

では薬剤師の先輩はみんないつ頃から勉強を始めているのでしょうか?

↓インスタで質問した先輩薬剤師の方の勉強開始時期

これを見て分かるかと思いますが、一番多いのは6年生になってから勉強を開始している人の割合です

8.9月までに始めている人の割合を足すと、70%以上にもなることから意外にみんな勉強の開始時期はしっかりと確保していることが分かると思います。

8.9月までが意外に多い理由は、1回目の模試を受ける前後だからです。

ですが、先ほどもお伝えしたように出来れば最初の模試も無駄にしないようにしよう♪

薬剤師国家試験までの理想的なスケジュール

薬学生

勉強を早く始めた方がいいことは分かったけど、どんなスケジュールで勉強すればいいの?

オススメの勉強スケジュールは必ず苦手科目から勉強を始めて、遅くとも11月の模試までに青本などの教材を最低2周はこなす方法です!

特に苦手でなくても物理/化学は早めに手をつけておきましょう。

ヒロザル

物理/化学は苦手な人も多いし、ややこしくてやる気が続かないから早めに片づけるべき、、。

時期試験目標点数
7~9月第一回模擬試験3~4割
10~11月第二回模擬試験4~5割
12~1月第三回模擬試験5~6割
12月~1月卒業試験点数が出るなら合格ラインを狙おう
2月薬剤師国家試験合格ライン:6割5分
※薬剤師国家試験までのおおまかな目標点数

上記にも書いているようにだいたい3回程度ある模擬試験の目標点数を考えておくとやりやすいと思います。

もちろん物理や化学をやっている時は点数は伸びにくく、薬理の勉強をしている時は点数が上がりやすいなどあるので臨機応変に考えることも重要です。

ヒロザル

もっと詳しい勉強法を知りたい方は下の記事もオススメですよ!

薬剤師国家試験の点数が伸びない方向け【点数が4割伸びた勉強法を紹介します‼】「薬剤師国家試験の点数が伸びない」「効率的な勉強法を知りたい」という方向けに現役の際に5カ月で4割点数が上がった勉強法を紹介します。点数が伸び悩んでいる方は本記事を参考に勉強法を見つめ直してみてください。...

薬学生気になるQ&A【体験談あり】

ここからは少し薬学生が気になるQ&Aを紹介していこうと思います。

勉強をする上で知っておいた方がいいことを質問形式にしているのでぜひ参考にしてみてください。

Q1:青本などの参考書を終わらせるのにどのくらい時間かかるの?

薬剤師国家試験対策の青本(他の参考書も同じように考えてください)は、全部で9冊の参考書になります。

他にも模擬試験の復習や国家試験の過去問などにかかった時間を載せています。

  • 青本の1周でかかった時間:
    4ヶ月ほど→特に物理/化学/生物に時間が1ヶ月半かかっています
  • 模擬試験の復習(計3回分):
    1週間程度→解きなおしをするだけでも2~3日かかっています
  • 国家試験の過去問(計5年分):
    1~2週間程度→意外に学校の対策で同じような問題がでて覚えていることが多いです

こんな感じです!

Q2:薬剤師国家試験の過去問は何年分解きますか?

薬剤師国家試験の過去問は、国試対策の勉強としては欠かせないものです。

僕の場合は過去問は5年分を遡ってやりました

人によっては8~10年分ほどやるという方もいましたが、注意しないといけないのが法規などの範囲の勉強です。

法規などは遡りすぎると、薬機法の改正などで法律自体が変わっていることもあります。また衛生や病態などの範囲でも日本人に多い癌の種類など1位と2位が入れ替わっていることもあるので注意しておきましょう。

薬剤師国家試験の過去問はできれば直前などに青本などの範囲が終わってから始めることをオススメします。

学校などでは過去問を少し変更した問題などが出ることもあるので、丸暗記になっていたりすることもありますが、一度自分の考えで解いてみることが重要です。

Q3:予備校の国家試験直前対策講習は受けたほうがいいですか?

僕個人の考えとしては安心を買うという意味なら受けるのも有りかと思いますが、基本は受けなくても大丈夫かなと思います。

誤解のないように言わせてもらうと、僕自身は一応直前講習は受講しました。

その時感じたことを簡単にまとめると、

  • 予想講習で勉強した内容で実際に国試に出たのは1問だけ
  • みんな受けるから自分も受けてみた
  • ギリギリの点数で1点でも取りに行くなら有効かも
  • 費用がかかるので、受けたと安心感が欲しい方以外は必要ない

「よく予備校の先生はプロなので、その先生たちの予想なら受けるべき!」と考える方もいると思うので、そういったことで悩んでいる方は参考にしてもらえばと思います。

実際に受けた感想なので内容を詳しく知っていたなら、現在の僕はたぶん受けないかなと思います

まとめ:6年生は意外に忙しいので薬剤師国家試験の勉強を始めるなら今すぐに!

ここまでの内容を読んでもらうと薬剤師国家試験の勉強はすぐにでも始めるべきだと理解できたと思います。

ですが大事なことはまずは勉強を始めてみて、国家試験の勉強は本当に時間がかかると感じてもらうことです。

実際にすぐにでも勉強を始めることで、

  • 国家試験の勉強に時間がかかることが分かる
  • 実際の模試などで復習ができる
  • 6年生のスケジュールで忙しくても焦ることがなくなる
  • 勉強が早く終わって余った時間は有効活用できる

ここまで勉強は早く始めた方がいいと話をしてきましたが、ひたすら勉強を続けろというわけではなくたまには気分転換の時間を作るのも大事です。

そんな時に国家試験の勉強がまだ大量に残っているよりも少しくらいゆとりがある方が気分転換もしやすいと思います。

泣いても笑っても薬剤師国家試験で後悔しないように心がけておきましょう。

ヒロザル

薬剤師国家試験の悩みや相談などあれば、インスタやTwitterの方でDMして頂いて構いません。皆さんが合格できることを祈っています。