薬学生

薬学生に多い悩みと解決法【現役薬剤師が解説】

こんにちは、ヒロザルです

薬剤師を目指している方は、薬学部へ6年通って薬剤師国家試験を受けて合格しないといけません

そこで、今回は

  • 薬学部に入学したいけど、実際にどんなことが大変か事前に知りたい方
  • 現在、薬学部に通っていて、これから先に苦労することを知っておきたい方

上記のような方に向けて、現役の薬剤師の私が薬学部で多い悩みについて解説します

記事の内容は下記の項目です

  1. バイトについて
  2. 勉強は大変か?(国家試験など)
  3. 学費問題(国立・私立)
  4. 友人関係

実際に現役の薬剤師である私の話を書きますので、信頼性はあると思います

また、私の悩みの解決法についてもご紹介します

これから薬剤師を目指す方の参考になれば幸いです

薬学部に入学で多い悩み

そもそも薬剤師になるための、薬学部について少し説明します

薬学部は現在全国に国立・公立・私立を合わせて70を超える大学が存在します

そして、そのどの大学にも共通することが6年生大学であるということです

大学の規模で定員は変わりますが、基本的に

  • 国立大学で40~50人程度(平均)
  • 公立・私立大学で120~150人程度(平均)
ヒロザル

ちなみに私が通っていた福岡の私立大学は240人程度のとても大きな大学だったよ

規模は大学で全然違うから調べてみるといいね

では、そんな薬学部を目指している方に多い悩みについてお話します

薬学部で多い悩み① バイトについて

薬学部に入学する人に多い悩みがバイトできるのかって悩みです

私の結論ですが、

✔ 4年生までなら問題なし、4年生以降でも成績に応じてできる

どういうことかと説明すると、

バイトに関しては、実際に現役の薬学生の方もたくさんしています

ですが、薬学部のカリキュラム上で4年生のときに少し大きな試験であるCBTという試験があるため、そこまでを区切りにしている学生もいますね

もちろん成績さえよければ、4年生以降でもバイトをしている学生もいたので、結局は入ってからの成績次第ですね

ヒロザル

ちなみに薬学生は家庭教師や塾講師のバイトをしている人が多いイメージだけど、実際は全然普通の飲食業のバイトをしている人も大勢いるよ

薬学部で多い悩み② 勉強は大変か?(国家試験など)

たぶん現役の薬学生含めて一番多い悩みが勉強についてです

薬学部の勉強は大変かと言われたら、正直に答えて大変です

理由を説明すると、勉強ができるとか、できないに限らず薬学部は大学の時間的拘束が長いです

私がバイトの他学部の友達と話をしてうらやましかった話は

「〇曜日は1限の講義が終わったら、あとは1日休みだよ」なんていう話です

薬学部の授業は基本的に、毎日1日スケジュールで詰まっていることなんて普通のことでしたからね

勉強が好きか嫌いか関係なくこれはかなりツラかった(´;ω;`)

✔ 進級に関して

薬学部の進級に関しては毎年留年する人が数人程度いましたが、これは普通程度に勉強していたらほぼ起こりえないです

留年する人のほとんどは遊んでいて勉強していない人ばかりですね

✔ 国家試験に関して

国家試験に関しては、大変だとは言えますがしっかりと勉強していれば受からない試験というわけではありません

司法試験のように合格率20~30%の試験ではなく、薬剤師国家試験は合格率は70%前後の試験なので、しっかりと対策をして勉強時間を取れば必ず受かる試験だと分かりますね

薬学生の悩み③ 学費問題(国立・私立)

薬学部の学費は、国立・私立でかなりの差があります

  • 国立薬学部平均学費 平均350万円
  • 私立薬学部平均学費 平均1144万円

上記が6年間の合計の学費になっています

かなりの開きになってますね、もちろん国立の薬学部は偏差値が高いのでなかなか入学難易度も高くなります

✔ 奨学金制度を使って学校に通う学生も多い

私の場合でもそうでしたが、薬学生の中には奨学金を借りて学校に通う学生が多かったですね

奨学金の中には、卒業後何年かそこで働くことを条件に就職する企業から学費の一部を貸してもらえたりする制度もあるので、気になる方は調べてみるといいと思います

薬学生の悩み④ 友人関係

これは結構マイナーな意見ですが、友人関係で悩む方も多くはありません

その理由は、

  • 金銭感覚の違い
  • プライドの高い性格の人がいる

薬学部の学生には、お医者さんの子供だったり、実家が薬局経営をしている子供が来ていることも少なくはありません

私の大学時代の知り合いに、親から月に10万円のお小遣いをもらっている人がいました

そんな友達とは金銭感覚が違いすぎて合わなかったのは言うまでもありません(笑)

また、薬学生の中にはプライドが高い人も少なくはありません

将来薬剤師になるからとか、勉強ができるからとか理由は分かりませんがそういう人とは関わらないことですね

ヒロザル

もちろん、普通に仲良くできる人もいるから安心してね

少なからず、そういう人もいるかもしれないってことだよ

まとめ:薬学部に入学する人は参考にして考えてみよう

いかがだったでしょうか?

薬学部に多い悩みとその解決法を書かせてもらいました

これから薬学部に入る予定の人は参考にして考えてみてください

ですが、個人的には薬学部は大変だけど、自分の将来性なども含めて選択して損をするような学部ではありません

大切なのは、薬学部に入った後の話です

自分が何をしたいか考えて行動することをオススメします

行動は必ず無駄にはなりませんよ

私も薬剤師になってからも新しいことを始めたくて、いろんなことに挑戦しています

InstagramやTwitter等も頑張っていきますので、興味があれば見てみてください

またね