薬剤師

薬剤師にオススメ認定資格5選!これからの薬剤師に必要なものはこれだ‼

こんにちは、ヒロザルです

「薬剤師になったはいいが、認定資格ってどんなものがあるの?」

「種類がありすぎて、どんなものを勉強すればいいか分からない」

ということはありませんか?

本記事では、薬剤師が取得できるオススメの認定資格を解説します

また、これを読んでもらったら、認定資格の種類だけでなく

その資格を使ってできることなども理解できるかと思います

では、さっそく解説していきます

認定薬剤師資格とは?

認定薬剤師とは、「認定薬剤師制度」による一定の実技や研修を受けることで、定められた単位を取得し、最新の知識や技術を有していると認められた薬剤師のこと

これからの薬剤師に求められることは、調剤をして投薬で終了ではなく、

こういった専門的な知識をつけていくことが必要になってきます

どのような、認定資格があるかを理解して自分の専門性を高めて

キャリアアップを目指していきましょう

メリット
  1. 医師や看護師、患者さんからの信頼ができる
  2. 最新の知識や技術を身につけられる
  3. 年収アップにつながる
  4. 人脈が広がる(研修会での知り合いなど)
  5. 転職に有利に働く
デメリット
  1. 資格取得に時間とお金がかかる
  2. 資格によっては、一定の勤務年数などが必要なものがある
  3. 更新の必要なものがほとんど

しっかりと、メリット・デメリットを理解して必要な資格をとっていくこと

も大事なので注意しましょう

では、次項からは認定資格の種類を説明します

研修認定薬剤師

研修認定薬剤師とは、さまざまな分野での知識について学習した薬剤師の

自己研鑽の成果について、一定の単位を取得したのち認定される資格です

比較的、初めの方では取得要件が簡単で、費用も高くはありません

研修会や学会、e-ラーニングなどの所定の単位を(新規単位40単位、更

新単位30単位)取得することで認定されます

最近で話題のかかりつけ薬剤師の認定要件にもなっているので、薬局薬剤師

をしている方はまず目指すべき資格であるといえます

✔かかりつけ薬剤師取得要件

  • (1)3年以上の薬局勤務経験
  • (2)同一薬局に週32時間以上勤務している
  • (3)当該薬局に12カ月以上在籍している
  • (4)研修認定薬剤師(認定薬剤師)を取得している
  • (5)医療に関わる地域活動の取り組みに参加している

認定実務実習指導薬剤師

認定実務実習指導薬剤師とは、6年生薬学部で行われる実務実習を指導する

ことができる薬剤師資格のことです

先輩薬剤師として、学生を指導するスキルは、薬局内の後輩の育成や、非薬

剤師スタッフの指導にも応用できます。薬剤師に必要なコミュニケーション

能力の向上にもつながり、これからの対人スキルが必要な薬剤師にとって

必ずプラスになるはずです

✔認定実務実習指導薬剤師取得要件

  • (1)薬剤師実務経験5年以上
  • (2)病院又は薬局での経験3年以上、かつ現在病院又は薬局で勤務していること
  • (3)ワークショップ形式の研修と講習会形式の研修のすべてを終了していること

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬認定薬剤師とは、漢方薬・生薬の専門的知識を取得し、

能力と適性を認定された薬剤師資格のことです

臨床現場では、漢方薬・生薬の知識を必要とする場面が多く存在し、

健康サポート薬局などで必要となるOTC知識を身につけることにも役立ちます

薬局で漢方薬が出る際などにも、専門的知識で患者さんへの服薬指導ができ

るというメリットもあります

漢方薬・生薬認定薬剤師取得要件

  • (1)漢方薬・生薬研修会の修了
  • (2)薬用植物園実習の参加(春期・秋期のどちらか1回受講)
  • (3)上記を修了後、試験を受けて合格した者

また、更新に関してですが、更新期間は3年で必須研修15単位などを合わせ

て3年間で合計30単位以上を取得する必要があります

在宅療養支援認定薬剤師

在宅療養支援認定薬剤師とは、日本在宅学会が在宅医療における知識や技術

を有している薬剤師に認定する資格のことです

近年、問題になってきている団塊の世代の高齢化により、これからますます

必要とされてくることが期待されている認定資格です

現在のところ、資格がなくても在宅医療には参加できます、薬剤師の飽和

時代が懸念されていることで、選ばれる薬剤師になるために資格を取得する

薬剤師が増えてきています

✔在宅療養支援認定薬剤師取得要件

  • (1)3年以上の薬剤師実務経験があること
  • (2)薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師または日本医療薬学会認定薬剤師であること
  • (3)在宅業務の実践による5事例の報告を提出すること
  • (4)日本在宅薬学会主催の学術大会に参加していること
  • (5)バイタルサイン講習会を受講していること
  • (6)上記の要件を満たした後、日本在宅薬学会が主催する試験に合格したもの

更新の場合、所定の研修講座受講により各年5単位以上合計30単位以上

単位を取得し、在宅業務の実践報告が5例以上、日本在宅薬学会主催の学術

大会への参加が必要になります

認定資格ではないが、ケアマネジャー(介護支援専門員)→在宅業務に興味のある方へ

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、介護を必要としている方が介護サ

ービスや施設を適切に利用できるように、ケアプランを組んだり調節する資

格です

薬剤師なのに、なぜケアマネジャーと思った方も多いかと思いますが、ケア

マネジャーは、介護と医療の調整役になる仕事をしています

在宅医療が進んでくることが考えられる昨今、企業はそういった薬局の外で

も活躍できるスキルを持った薬剤師を求めています

在宅療養支援認定薬剤師を考えている方、薬剤師以外の新たなスキルアップ

を考えている方におススメの資格になっています

✔ケアマネジャーの取得要件

(1)薬剤師経験が通算で5年以上、かつ、業務に従事した日数が900日以上であること

(2)介護支援専門員実務研修受講試験に合格

(3)実務研修(15日間の講習と3日間の実務)

認定資格の単位を集めるための方法

薬剤師の認定資格の単位は研修手帳に所定の点数シールを集めることで申請

することができます

いろんなやり方がありますが、オススメするのは主に2つです

  1. 日本薬剤師会や地域薬剤師会主催の研修会への参加
  2. e-ラーニングでの学習

日本薬剤師会や地域薬剤師会主催の研修会への参加

薬剤師になり、薬剤師会への登録をしていると、日本薬剤師会や地域薬剤師

会主催の研修会のお知らせがFAXなどを経由してきます

その研修会の中には、受講することで認定資格に必要な単位シールをもらえ

る研修会があります

その他にも、医薬品卸さんやメーカーさん主催の勉強会にも、単位シールが

もらえるものもあるので、お知らせが来た場合はチェックしてみましょう

e-ラーニングでの学習

忙しくて、なかなか勉強会などの参加が難しい方や専門の認定勉強が必要な

場合はe-ラーニングを利用するのもいいでしょう

スマホやパソコンなどで勉強でき、まとまった時間が取りにくい場合は

自分のできるところまで視聴して、別な日に続きから受講することもできま

だいたい1単位あたり90分の動画で取得できます

この他にも、薬局内での集合研修や自己学習などを申請して単位を取得す

ることもできるますが、薬局などでそういう勉強会を主催してある必要があ

ったり、単位数の制限もあるので主には上記2点になると思います

まとめ:薬剤師認定資格の種類は多く、自分の興味がある分野や活用できる資格から勉強していこう

いかがだったでしょうか?

薬剤師の認定資格は上記以外にもさまざまなものがでています

薬剤師の差別化が叫ばれている時代を乗り越えていくためには、薬剤師にな

ってからも自己研鑽が必要です

私のオススメする認定資格はあくまで薬局薬剤師として働いている過程で、

持っていたらいいなと感じた資格です

まずは自分の目標を定めて、挑戦することから始めてみてください

必ずあなたの役に立つ知識となることは間違いないでしょう

記事中で気になることがある方は、Instagram・Twitter・お問い合わせ

フォームで質問してもらえると嬉しいです

記事を読んでいただきありがとうございます

またね