薬剤師

管理薬剤師になる条件は?【実際のメリット・デメリット比較】

こんにちは、ヒロザルです

薬剤師のみなさんは、管理薬剤師にどんなイメージを持っていますか?

  • どうしたら管理薬剤師になれるのか
  • 仕事量が増えるだけでめんどくさそう
  • 年収が少しは上がるのかもしれないけど、どれくらいかな?

今回はこんな疑問にお答えします

私は現在、管理薬剤師をしているもので、実際に生で感じるメリット・デメリットについてお話ができるかと思います

正直な内容を洗いざらい書きますので、興味がある方はぜひご覧ください

管理薬剤師とは

管理薬剤師とは、薬局において医薬品の管理をするもので、開設者によって指定された薬剤師のことを指します

また、管理薬剤師は薬局や店舗に必ず1人は配置しなければいけないと、薬機法で定められています

管理薬剤師の仕事内容

管理薬剤師の仕事内容は、職場によって多少違いますが、主に以下の通りです

  • 店舗内の医薬品の管理(期限切れや温度管理)
  • 従業員の職場環境の整備
  • 店舗内での問題を開設者へ改善要望する

店舗内の医薬品の管理(期限切れや温度管理)

管理薬剤師は店舗内の医薬品や医薬部外品、化粧品を適切に管理しないといけません

医薬品は不良品にならないように、遮光や冷所の管理が必要です

また、使用期限切れのお薬などの廃棄や、ジェネリック医薬品の採用メーカーなどの選択も管理薬剤師が管理しています

従業員の職場環境の整備

店舗内の従業員の職場環境などの整備も管理薬剤師の仕事です

従業員の方が働きやすいようにシフトを決めたり、何か問題が起こった際は中立の立場で状況を解決することも求められます

特に人数の少ない職場環境だと管理薬剤師の仕事の雰囲気で、職場の雰囲気が決まってしまうことも珍しくありません

店舗内での問題を開設者へ改善要望する

また、管理薬剤師は店舗内の問題が起こった場合は開設者に改善要望することもあります

設備の問題や新しいシステムの導入などは開設者へと要望としてあげて、職場の問題改善に努めなければいけません

管理薬剤師になる条件

現在、管理薬剤師になるための条件は特に定められてはいません

それぞれの会社ごとに定められた要件で管理薬剤師に任命されます

もちろんそのためには、調剤に係わる法律などに詳しくないといけません

もし管理薬剤師になるなら、法律関係に関してはしっかりと勉強しておきましょう

薬学部生・新人薬剤師が法規を勉強する理由3選薬学生の方は法規が好きな人はいないと思います。ですが、本記事では、薬学生のうちから法規を勉強した方がいい理由を3つのポイントで説明します。法規嫌いには必見です。...

ですが、今回は主に管理薬剤師に任命される流れを2つ紹介します

管理薬剤師になる条件① 会社での昇進

管理薬剤師になる条件の1つ目は会社での昇進による方法です

通常多いのは、3年ほどの実績を積んで管理薬剤師として問題ないと認められたら昇進するパターンが多いです

ですが、これからは厚労省の推進する「かかりつけ薬剤師」の要件などもあるので薬剤師経験が5年以上などの要件もでてくるかもしれませんね

また、就職先が大手などの場合は年配の薬剤師も多く、管理薬剤師を目指しても時間がかかることもあります

管理薬剤師になる条件② 転職を機になる

管理薬剤師になるもう一つの条件は、転職を機になるパターンです

薬剤師の転職サイトなどでは、管理薬剤師の求人案件も多く存在します

会社での昇進と同様で、基本的には薬剤師の勤務経験が3~5年ほどの実績が必要になります

また、転職をすることで以前と違う経営方針やスキルを活かせなくなる場合もあるので、転職をする場合はしっかりと確認しましょう

ヒロザル

小さい会社なんかでは、1~2年で管理薬剤師になる場合もあるよ

自分の経験が足りないと難しい場合もあるので意思表示はしっかりとしていたほうがいいかも

管理薬剤師のメリット

管理薬剤師になるメリットは以下の通りです

  • 年収UP
  • 仕事の幅が広がる
  • キャリアアップにつながる

詳しく説明していきます

管理薬剤師のメリット① 年収UP

管理薬剤師は一般の薬剤師と違い薬剤師としての年収UPに繋がります

基本的には手当がつくパターンが多く、職場で違いますが月に3~6万円ほど平均的です

手当が5万円ほどだと、年収に換算して60万円のUPに繋がるため魅力的なメリットになると思います

薬剤師の年収は高めですが、上昇しにくい職業であるため年収を重視する方には考えるだけの価値はあります

https://hirozarublog.com/pharmacist-money/

管理薬剤師のメリット② 仕事の幅が広がる

管理薬剤師になることで、仕事の幅が広がることもあります

店舗のお薬のジェネリックメーカーの選定や店舗におくOTC医薬品などを自分の裁量で決めることもできます

また、従業員とのコミュニケーションで、マネジメントなどの仕事もでてくるので楽しいと思う方にはオススメです

管理薬剤師のメリット③ キャリアアップにつながる

管理薬剤師の仕事はキャリアアップにつながることもあります

自分がその会社でエリアマネージャーなどの管理職を目指す場合は、少なからず管理薬剤師の経験をしていないと難しいことが考えれます

一般薬剤師からキャリアアップを狙う際の役職には最適です

ヒロザル

実際に僕は管理薬剤師になって、年収もUPしたし従業員さんとの職場も楽しくなりました

管理薬剤師のデメリット

もちろん、メリットばかりではないのが管理薬剤師です

いいことばかりではないので、しっかりとデメリットも抑えておきましょう

  • 仕事量の負担増加
  • 副業の禁止

管理薬剤師のデメリット① 仕事量の負担増加

管理薬剤師のデメリットの1つは、仕事量の負担増加があります

今までの調剤や投薬業務に加えて、医薬品の管理や従業員のマネジメント業務もあるので単純に仕事の負担は増えてしまいます

患者さんとの投薬などの回数も減ってしまうことが考えられるので、投薬で充実している人にあまり合わないかもしれません

管理薬剤師のデメリット② 副業の禁止

管理薬剤師として働いている人は、薬事に係わる内容の副業ができなくなります

これは、薬事法8条で定められており、「その薬局以外の場所で業とし薬局の管理その他薬事に関する実務に従事するものであっえはならない」というふうに記されています

自分の薬局以外の薬局に派遣薬剤師として働いたりすることができなくなります

補足として、薬事に関する内容であれば副業は問題ありませんが、管理薬剤師の仕事に影響しない範囲にとどめておきましょう

ヒロザル

WEBライターなど薬事に関するものでない場合はOKだよ

転職を機に管理薬剤師を目指す場合の注意

転職を機に管理薬剤師を目指そうと考えている方は、転職の条件にも注意してください

大事なのは、以下の点です

  • 転職先の労働条件の確認
  • 1人薬剤師ではないか
  • 迷うようなら転職サイト登録も検討

転職先の労働条件の確認

転職で管理薬剤師を目指す場合は、転職先の労働条件をよく確認してください

年収だけで転職を考えて失敗している人はたくさんいます

お休みや残業などの確認をしないと、いざ転職しても職場で続けていくことは難しいことが考えられます

1人薬剤師でないか

また、転職先が1人薬剤師でないかの確認もしっかりとしましょう

特に始めて管理薬剤師になる方は、自分以外に薬剤師がいないと教わることも難しく責任だけが重くなってしまいます

薬局の40~50%は1人薬剤師というデータがありますが、始めて管理薬剤師になる方にはオススメできます

以前経験がある方や薬剤師として経験が長くキャリアアップを狙う方向けの求人になるでしょう

迷うようなら転職サイト登録も検討

転職先に迷う場合は転職サイトを利用することもオススメです

転職サイトは専門の方が求人などの条件をサポートしてくれ、始めて転職を利用するときには頼もしいものになります

求人情報を集めたい方は無料登録なので、リスクもないのも安心です

大手転職サイトを下に載せておきますので、一度確認だけでもしてみましょう

↓薬剤師の満足度,NO1「薬キャリ」

↓薬局転職に強い「ファルマスタッフ」

ヒロザル

以上が管理薬剤師の条件とメリット・デメリットでした

このサイトでは、薬剤師の働き方を記事にしているので、興味があればぜひ他の記事もご覧ください