生活

ふるさと納税のやり方解説!!オススメ品も紹介

こんにちは、ヒロザルです

みなさん、ふるさと納税利用していますか?オススメですよ

「ふるさと納税のやり方が分からない」

「どこの返礼品がオススメなの?」

こんな風に思いますよね?ここでは、ふるさと納税のやり方や

私が利用しているふるさと納税のオススメ品を紹介します

読んでいただければ、節約もできお得にふるさと納税を楽しめますよ

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度です。

手続きをすると、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。

あなた自身で寄付金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

引用,,ふるさとチョイスより

つまり、簡単に説明すると、

実質2000円であなたの好きな自治体に寄付をして、

あなたの好きな返礼品をもらえる仕組みです

やらなきゃもったいないですよ!!

ふるさと納税やり方

私のオススメのやり方を紹介します

まず、いくつかあるポータルサイトを経由してふるさと納税を

申し込むやり方です

ふるさと納税を申し込めるポータルサイトは

  • さとふる
  • ふるなび
  • ふるさとチョイス
  • 楽天ふるさと納税

以上のサイトから好きなサイトで申し込むといいでしょう?

サイトにより、若干商品の内容が違ったりしますが、私が利用しているのは

楽天ふるさと納税です

理由は、楽天のSPU倍率を駆使することで、最大30%近くの楽天ポイント

還元を受けることができます

ふるさと納税に5万円使ったら、なんと1万5000円ほどの

ポイントがバックします

そのポイントで旅行に行くことも、楽天市場で好きな商品を買うこともできますね

ふるさと納税上限額を調べる

ふるさと納税の注意点として、自分の上限額を知ることが大事です

ふるさと納税は所得に応じて上限額が決まっています

まずは、源泉徴収などを用意して、ポータルサイトで上限額を調べてみましょう

自分の上限額を超える金額の寄付は、控除の対象にならないので注意です

好きな自治体を決めて申し込み

ふるさと納税の上限額が決定したら、自分の好きな自治体や商品から寄付を

申し込みましょう

私のオススメの楽天ふるさと納税は、楽天市場からでも申し込みができます

ただ、注意点が一つあります

よくあるパターンとして、自分の住んでいる自治体では返礼品が来ないこと

があるので、気を付けてください

例:都城市に住んでいる方が、都城市の自治体商品を選んでも返礼品の対象になりません

確定申告やワンスポット申告を使って控除の申告

ふるさと納税の返礼品を申し込み、返礼品が届いたら一緒に届く証明書を

使って確定申告をしよう

確定申告をして初めて控除の対象になります

また、会社員の場合はワンストップ申告制度を利用することで確定申告を省

くこともできます

*ワンストップ申告制度とは・・1年間の寄付先が5自治体以内で、かつ、確定申告をする必要のない人が利用できます。この制度を利用した場合、寄付金控除上限額内であれば寄付金の合計額から2,000円を差し引いた分が、住民税から控除されるのです。

申請用紙とマイナンバーを確認できる書類を寄付した自治体に送ることで確

定申告を省けます

以上が、お得なふるさと納税のやり方です

この次は、実際にオススメのふるさと納税について紹介します

オススメのふるさと納税返礼品

私がオススメするふるさと納税の返礼品は、ずばり日常的に消費するものです(日用消耗品やお肉など)

節約の観点でみると、いつも消費するものを返礼品で申し込むことが

お得になります

実際に私は返礼品で頼んでから一切日用品の購入をしていないものもあります

トイレットペーパー

10000円の商品で、ダブルで96個の栃木県小山市のトイレットペーパーです

トイレットペーパーはお買い物マラソン中の人気が高いので、

よく調べて商品をいくつかリストアップしておくといいでしょう

ティシュペーパー

こちらも同じ栃木県小山市のティシュ60箱です

お値段も10000円!!

コスパがめちゃくちゃ高い商品です

お肉

お肉では、私の地元都城市のお肉詰め合わせセットです

加工品には、餃子やメンチカツ、牛スジなどの商品も入って、

10000円のお得さです

まとめ:ふるさと納税を利用して、自分の好きな返礼品を手に入れよう

いかがだったでしょうか?

ふるさと納税の返礼品は他にもたくさんあります

旅行や化粧品なども存在します

まとめサイトなども存在するので、ぜひ検索して調べてみるといいと思います

ふるさと納税をうまく利用してこれからの生活をよりよくしていきましょう

このサイトではこれからも、お役立ち情報を載せていきます

記事中で気になることがある方は、Instagram・Twitter・お問い合わせフ

ォームで質問してもらえると嬉しいです

記事を読んでいただきありがとうございます

またね