生活

ジェネリック医薬品って本当の所どうなの?

みなさん、こんにちはヒロザルです

みなさんは普段、病院や薬局を利用されてますか?

持病持ちでお薬をもらいに行く方、急な風邪や不調で薬局に行かれる方、様々ではあると思います

そんなときに、良く薬局みなさんはこんなことを聞かれませんか

「お薬はジェネリック医薬品をご希望されますか?」

名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、今回はそんな

ジェネリック医薬品のお話です

そもそも、ジェネリック医薬品とは何か?

そもそもジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、

厚生労働省の認可を得て製造販売される、新薬と同じ有効成分を含む医薬品です

ざっくり説明すると、もともとある医薬品(先発医薬品)の病気に効く成分を真似して作った、厚生労働省が問題ないと認めたお薬ということ

もともとある医薬品の金額には、お薬を作るまでの開発費なども含まれています(製薬会社が研究をして新薬を開発します)

その開発の部分を省いて、真似をして作るので金額的にも抑えられた医薬品になっているということ

ヒロザル

新薬の開発にかかる期間は、ざっと9~17年ほど

そのお薬も開発の途中で、断念するほど薬の開発は難しいし、莫大な費用がかかっているんだ

また、国は莫大な医療費を少しでも抑えたいという気持ちもあり、患者さんの自己負担額の減るジェネリック医薬品を勧めているという背景もあります

新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の違いは?

でも、みなさんは開発費の違いで安くなるのは分かったけど、もともとの

医薬品からジェリックに変えて、効かなくなったとか、そもそも全然見た目

が変わったから不安とか思ったことはありませんか?

そこで、新薬とジェネリックの違いを簡単にみてみましょう

新薬と比較有効成分添加物製法効能効果
ジェネリック同一異なる場合あり異なる場合あり*同一
*同一の適応症がない場合あり

こうやって見ると、ジェネリック医薬品は有効成分は一緒なので、効能効果は変わらないんですが、結構な違いがありますね

  • 添加物・・・お薬の形にするために、ほとんどの薬に含まれているもので、入っている有効成分を錠剤などの形にするときに使用するもの
  • 製法・・・お薬の作り方は、作るメーカーさんによって違います。同じ有効成分を使っても、見た目が変わってくるのはこのため

このような、理由からお薬は効き方や見た目が変わる場合があります

人によっては、合う合わないが出てくるんですね

じゃあ、ジェネリック医薬品にはしないほうがいいの?

今までの内容を見ていると、じゃあやっぱりジェネリック医薬品には変えないほうがいいのではないかと思いますよね

でも、そういうわけではありません!!

現に私もアレルギー性鼻炎でお薬をもらっているのですが、ジェネリック医薬品を使っています

その理由は、

  1. 厚生労働省で、しっかりとチェックして出されている安全なお薬だから
  2. ジェネリック医薬品に変更することで、お薬代が半額近くなることもある
  3. ジェネリック医薬品の中には、先発品にない工夫をしているものもある

1.ジェネリック医薬品は有効成分が同じものとはいえ、もちろん世に出す医薬品なので、新薬との同等性などの検査をクリアして発売されます

要は、発売の段階で新薬と同じものですよっていう試験をしているということです

2.ジェネリック医薬品の種類にもよりますが、単純にお薬代が安くなります(笑)

私の必須アイテムでもある、点鼻薬(鼻にスプレーするアレ)なんですが、あの値段ってまあまあするんですよ(泣)

なんで私は、ジェネリックにして安くしています。点鼻薬はお薬代の値段で、半額近くなっています(薬局にはお薬代以外にも点数があるので、総額が半額になるわけではありません)

それに今のところ使っていて、気になることもありません

もちろん薬の種類によっては、ジェネリックがないものもありますが、薬局に相談して聞いてみてもいいかもしれません

3.ジェネリックの中には、先発品にない工夫をしているものがあります

例えば、お子さんの粉薬って苦いお薬がありますよね

嫌がって飲んでくれないって話は薬局でもよく聞きます

ジェネリックには数が多いわけではないですが、味の風味をつけておいしく飲めるようにしているものもあるんですよ

その他にも、カプセルが飲みにくい人用に錠剤に変えているジェネリックもあります

まとめ:ジェネリックにするかどうかはすべて否定するわけではなく、自分で判断してみて!

今回、ジェネリックの話をさせてもらいましたが、結局変更するかどうかは自分で決められます

少しでも、値段を抑えたいとか、ジェネリックは怖いから変えたくないということも決めるのは薬局ではなくあなた自身です

いったん、ジェネリックに変えてみて合わなかったら戻すということもできるので、気になる方はかかりつけの薬剤師さんに相談してみるといいと思います

みなさんが薬局に行く際に少しでも役にたつとうれしいです

またね