薬剤師

派遣薬剤師の時給相場はどのくらい?【個人薬剤師だから言える派遣の現状】

こんにちは、薬剤師ヒロザルです

悩む薬剤師男性

派遣薬剤師の働き方が分からない

悩む薬剤師女性

派遣ってパートや主婦でもできるの?

今回は、こんなことで悩んでいる方の疑問に答えます

一般的に、大学を卒業してから正社員として働いてきた方は、派遣薬剤師の働き方や給料面など分からないことが多いと思います

本記事では、

  • 派遣薬剤師の働き方(時給相場など)
  • どんな人が向いているのか?
  • どうやったら、派遣薬剤師と働くことができるか

上記の内容で派遣薬剤師の現状を紹介していきます

派遣に興味を持たれている子育て中のママ薬剤師さんなど役にたてるかと思うので、ぜひご覧ください

派遣薬剤師の働き方(時給相場)

派遣薬剤師の働き方は、魅力的に感じることが多い働き方です

正社員ではない派遣のメリットをあげると、

  • 高時給
  • 自分の時間に合った働き方ができる

上記のようなことがあげられると思います

ですが、それと同時に派遣をするうえで気を付けないといけない点もあるので、一緒に紹介していきます

派遣薬剤師の時給は?

派遣薬剤師の時給は2020年11月現在の求人を比較していくと、「2300円~4000円越え」の幅で存在していました

だいたい求人サイトを見ていて多かったのは「2500円~3300円」くらいになっています

「派遣ってけっこう高いんだな」と思いましたか?

確かに派遣薬剤師の求人は高時給で魅力的ですね

ですが、この数字を見て注意して欲しいことは、派遣の方が月給高くなりそうだから派遣薬剤師1本で生活をしようと考えないことです

その理由は、実際に計算して説明します

間違いやすい派遣薬剤師の求人計算

時給 3000円 × 1日8時間 = 日給24000円

日給 24000円 × 22日 = 月給 52.8万円

月給 52.8万円 × 12カ月 = 年収633.6万円

このような計算をして、一般的な薬剤師の年収が560万円ほどの年収になるので、派遣の方が稼げると考えてしまうことはやめてください

派遣薬剤師の年収は上記の計算よりも少なくなることが多いです

理由は、

1年間の年間休日数ではもう少し休みが増え、1カ月で17~18程度の出勤になるからです

しっかりとした計算をして派遣薬剤師の求人を探しましょう

自分の時間に合った働き方ができる

派遣薬剤師のメリットとして、自分の時間に合った働き方ができるのもメリットですね

就業時間の決まっている正社員と違い、派遣薬剤師は自分のライフスタイルに合った働き方が可能です

求人を探せば、土日だけの勤務や長期的に時間を取られる前の3カ月だけの期間の働き方も可能になります

また、勤務はシフトなどで時間が決まっているため、残業などの時間に縛られることもありません

長期的にみると、入った場所の薬剤師と馬が合わなかったりと人間関係の悩みからも解消されます

ヒロザル

残念ながら薬剤師の悩みとして多いのは、職場の悩みだよね

人間関係でやめてしまう人も少なくないはず

薬局への転職を考えいる方へ薬局転職を考えている方へ。薬局のメリット・デメリットを紹介します。薬局が実際にどんな職場なのか気になっている方はぜひご覧ください。...

どんな人が派遣薬剤師に向いているのか?

では、どんな人が派遣薬剤師に向いているのか?

それは、次のような条件の人です

  1. 子育てと仕事を両立しているママ薬剤師
  2. 長期的にしたいことがあり、期間限定で働きたい薬剤師
  3. 高時給を条件に土日などの副業をしたい薬剤師

1、子育てと仕事を両立しているママ薬剤師

派遣薬剤師は子育て世代のママ薬剤師に多い悩みの解決にもなります

  • 子供の保育園があるから、残業ができない
  • 家族のため、土日は休みのところで働きたい

こういった悩みを持っているママ薬剤師は多いのではないでしょうか?

実際に、薬剤師の正社員やパートで働いていても、この条件で働けるところはあるかもしれません

ですが、同じ職場の人に気を遣っての仕事になります

その点、派遣薬剤師なら職場に気を遣うことなく、シフトなどの融通をきかせて好きに働けることができます

2、長期的にしたいことがあり、期間限定で働きたい薬剤師

また、薬剤師の仕事も大事だけど自分のしたいことがある方にもオススメです

薬剤師の仕事をしていたら、長期的な休暇をとることは難しいですが、派遣薬剤師としての働き方なら問題ありません

  • 長期留学をする前に期間限定で働きたい
  • 自分のしたいことのために長期の休みが必要

こういったことを考えている薬剤師の人には派遣薬剤師はメリットの大きな働き方になるでしょう

3、高時給を条件に土日などの副業をしたい薬剤師

そして、私が一番オススメをする派遣薬剤師の働き方がこれです

薬剤師をしていると、決まった給料での働き方で年収がなかなか上がりにくいと感じることはありませんか?

正直、薬剤師の年収は普通の一般職と比べても給料の上がり幅は少ない職業だと言えます

ですが、高時給の派遣薬剤師を利用すれば土日の空いている時間を利用して副業することもできます

もちろん、求人を見ると忙しい店舗などの派遣が多くはなるかと思いますが、それでもお金を稼ぎたい人には利用する価値があるでしょう

ただ、注意点として副業ができるのは、管理職を除く薬剤師だけだと頭に入れておいてください

管理薬剤師などの仕事は、薬事法により薬事に関する仕事を兼務することはできない決まりになっています

派遣薬剤師として、違う店舗での副業をすることはできないので気を付けましょう

派遣薬剤師として働くには?

では、どうしたら派遣薬剤師として働くことができるのでしょうか?

それは、薬剤師の求人を取り扱っている派遣会社に登録することがオススメです

しかし、薬剤師の求人を取り扱う派遣会社ってどうやって選べばいいの?って思いますよね?

そういう方には、薬剤師の求人サイトに登録してみるといいでしょう

オススメの薬剤師求人サイト

薬キャリ
総求人数290,033件
【対応エリア】全国
【雇用形態】正社員、パート、派遣
【利用料金】無料

・「m3.com」が運営する薬剤師求人では最大規模の求人サイト
即日対応も可能で、サポート◎
ママ薬剤師求人検索もできる
ファルマスタッフ
総求人数61000件以上
【対応エリア】全国
【雇用形態】正社員、パート、派遣
【利用料金】無料

・「日本調剤グループ」が運営しているので、調剤などの求人に強い
・転職後の悩みなどのサポートあり
育児や家庭との両立ができる求人に強い

正直、上記2サイトだけで派遣をするなら十分です

よく求人サイトは複数登録することをオススメしている話があります

もちろん複数登録でより多くの求人を探せるメリットはあるのですが、それ以上に求人コンサルタントとの時間を複数取ることのデメリットもあります

ですから、僕がオススメするのは大手の求人サイトで派遣に強いこの2サイトだけになります

求人サイトを利用するメリット

薬剤師求人サイトを利用するメリット

  • 求人探しの時間の短縮に繋がる
  • 1人では探しきれないような求人を見ることができる
  • 転職までのサポートがあって安心

上記3点は求人サイトを利用する際の大きなメリットです

正直、自分ひとりで派遣の求人を見つけることは現在のところ難しく、特に副業などですぐにでも働きたい方は自分の仕事の時間以外で求人を探すことは大変です

求人サイトを利用することで、自分で働いている時間以外で効率的に求人を探すことができます

また、紹介している上記2サイトは、派遣までのサポート体制もしっかりとしています

始めて派遣を利用する場合の不安なことも質問することができるので、安心できるでしょう

ヒロザル

以上が派遣薬剤師の現状と働き方の紹介です

正直、派遣サイト自体は無料登録ですし、自分が転職をしたときのことを考えて登録していい求人を長い期間見ているだけでも役に立つので利用してみていいと思います